テニススクールに通おうとしてテニス未経験の状態から始めると初心者、もしくは入門クラスからスタートすると思います。

 

それはそれで良いのですが、せっかくスクールに通ってテニスを始めたのなら初級クラスに進級してダブルスなんかを皆で一緒に楽しみたいですよね。

 

しかしやる気はあるし少しずつ打てるようになってきたのに、なかなか進級させてもらえないと悩んでいる方もいると思います。

そこでこの記事では初心者と初球の差・違いを書いていこうと思います。

ボールをしっかりコントロールしてラリーできるかというのが重要

初心者と初球の方の大きな違いはボールをコントロールする能力だと思います。

 

テニススクールでは球出し練習の他にラリー練習があります。

初心者クラスでは球出しがメインだったり、ラリーをしてもコーチとやることがメインになるのでコントロールミスしても大丈夫なのですが、初級クラスになると生徒同士でラリーをすることになるでしょう。

 

それも全面を使ってラリーするのではなく、半面を使ってのラリーになるのでコントロールできないとラリーが全く続かないですし、反対側にいるプレイヤーのいるとこに飛んでしまうと怪我の危険性があります。

 

コーチとしてはレッスンで怪我をする生徒が出てほしくないと思っているのでいくら速いボールが打てても不安でなかなか上げにくいでしょう。

 

なので進級したいのであれば、まずボールの質を求めるというよりも、安定したボールを入れられるようにしてみましょう。

 

テニスというのは確率のスポーツと呼ばれるくらい確率が大事で、ミスをせずしっかりコントロールすることはとても大切です。

 

初球の方はボールの質はそこまで良くなくても、ある程度安定してラリーができていると思いますが、初心者はそこまで続けることができず、そこが進級の壁になっていると感じています。

 

最初は質を落としながらも最後まで振り切るようにして、安定してきたら少しずつスイングスピードを上げていき、ちょっとずつボールの質を高めていくようにしていくことをお勧めします。

ボールを安定させるには

どうすれば良いのかと分かったところでボールを安定させる方法が分からなければ進級は難しいです。

何度もボールを打っていれば感覚が良くなって入るようになると思いますが、安定させる方法を知っていた方が効率が良いでしょう。

 

そこでボールを安定させるにはどうしたら良いのかというのをアドバイスしていきます。

基本的なことになりますがとても大事なことを紹介するので是非参考にしてください。

 

まずは相手が打つ前にしっかり構えること、そして適切なポジションに戻るようにしましょう。

初心者に多い傾向として打った後そのままボールを見続けてしまい、ポジションを戻さず準備ができていないということがあります。

 

そうなってしまうと次のボールに対して上手く対応ができないのでコントロールミスをしやすくなってしまいます。

 

ボールを上手くコントロールするには適切な打点で打つことが大事になり、そのためには良いポジションでボールを待つことで良い打点で打てる確率が上がることでしょう。

 

基本的にはベースラインから1歩後ろぐらいのとこに毎回戻るようにしていけば、打点を前で取り安定して打つことができるようになるはずです。

 

 

あとはフォームをしっかり固めるために素振りをするのも良いでしょう。

ボールを打つときにフォームのことを考えてしまうと動きが固くなり逆に変なフォームになりやすいので、素振りをして身体でフォームを覚えるようにすればフォームが安定してボールも安定していくことが期待できます。

まとめ

いかがでしたか。

 

テニススクールではコーチも生徒が進級してもらえるように頑張っていると思いますので、この記事に書かれたことを参考にしてみたり、コーチに直接どうすれば進級できるのかというのを相談してみるのもありだと思います。

 

初級から初めて上級クラスまで進級することができたという生徒も実際にいるので、進級目指して楽しくテニスに取り組んでもらえればと思います。

スポンサーリンク