テニスの技術、商品などを紹介しあなたのテニスライフをサポートします!
新着記事

雁行陣

雁行陣という名前の由来、その意味とは?

今ではダブルスをやっている方なら誰しもが耳にしたことがあるであろう雁行陣という言葉。当たり前のようにテニススクールなどでも使われていますが、何故雁行陣と呼ばれるようになったのかというのを知っている方は少ないと思います。 …

ダブルスの台形雁行陣とは?

ダブルスには様々なフォーメーションがありますが台形雁行陣と呼ばれるフォーメーションをご存知でしょうか。この台形雁行陣はダブルスを やっているなら必ず知っておきたいフォーメーションの一つですし、ひょっとしたら知らぬ間に台形 …

雁行陣でストレートの展開になったときの正しいポジショニング

雁行陣でどちらかがストレートにロブを打つと後衛同士がストレートでストロークを打ち合う展開になります。 前衛は上を抜かれたらポジションを変えなければいけないのですが、そのときにただ反対のサイドにいけば良いというわけではあり …

前衛はロブを深追いしないように注意が必要

ダブルスでは前衛は浅いロブが来たら積極的に打っていった方が良いのですが、深追いしないように注意が必要です。   深いロブを取れるからといって無理をしてしまうと良いボールが打てませんし、バランスを崩してミスが出た …

相手が並行陣で攻めてきたときの対処法

今回紹介するのは雁行陣のときに相手が並行陣(2アップ)の形で攻めてきたときの対処方法です。   焦ってエースを狙いにいったり強いボールを打ちにいくとミスが増えるのでリスクを減らしつつしっかり対応することが大切に …

前衛は斜め前後の動きで守るときはセンターケアをする

ダブルスの前衛のポジショニングについて説明していきます。 前衛は相手が打っているときと見方が打っているときにポジションを変える必要があり、相手が打つときは前に詰めて攻めていけるポジションにいき、見方が打つときは相手前衛を …

センターに打たれたら前衛の動きを警戒する

ダブルスは雁行陣でも並行陣でもセンターセオリーで7攻めていくことが重要であり、相手のレベルが高くなるにしたがってセンタセオリーを徹底してくることはよくあります。 そういった相手にも対応する必要があるのですが、大体相手が仕 …

後衛はチャンスメイクし前衛が決めるのが雁行陣の基本

雁行陣の基本的な戦術として後衛はチャンスメイクし前衛が決めるのが雁行陣の基本になってきます。 ジュニアやハードヒットできる一般プレイヤーの試合を見るとたまにあるのが後衛のプレイヤーがガンガンハードヒットしてストレートにエ …

スポンサーリンク

カテゴリー

管理人:クロ



20歳のときからテニスコーチを経験し、ヘッドコーチの経験もあります。
このサイトで皆さんのテニス生活をサポートしていきたいと思っているのでよろしくお願いします!
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.