テニスの技術、商品などを紹介しあなたのテニスライフをサポートします!
新着記事

ボレー

ボレーでスライス回転をかける必要はあるのかないのか、その疑問にこたえます

テニスでボレーを打つときに、スライス回転を賭けた方が良いのかどうかというのを疑問に思っているプレイヤーは結構多いと思います。   ボレーが上手いプレーヤーの中にはフラット系のボレー、スライス系のボレーを打つタイ …

アプローチからのファーストボレーでミスしやすい理由とは

ラリーをしていて甘いボールがきてアプローチ。良いアプローチができて良い展開だと思ったらファーストボレーでミスしてしまうというのは結構多いです。   これにはちゃんとした理由があり、何故ミスしやすくなるのかという …

ボレーはスライス回転をかける意識はいらない

ボレーが苦手だと言っている人の中にはボレーはスライス回転をかけなくてはいけないと勘違いしている人もいるんではないかと感じることがあります。   実はそれは間違いであり意識して回転をかける必要はないのです。上手い …

ドロップボレーの打ち方

ドロップボレーというのはボレーでネットの近くでバウンドするようにするドロップショットですが、このショットが打てるとボレーに幅が出て戦術を増やすことができます。   それを理解してドロップボレーに挑戦するプレイヤ …

最初のうちはボレーで深くコントロールしなくてよい

ボレーというのは振らずに面を合わせて打つショットです。まずはこの面を合わせて飛ばすという感覚を身につける必要があるのですが、どうしてもラケットを振って飛ばしにいこうとして大きくスイングしてミスショットしてしまう方がいます …

ボレーはレディポジションが重要

ボレーは相手が打ってから自分が打つまでの時間が短く素早い反応が必要とされます。その時にレディポジション(構え)が適切でないとテイクバックに時間がかかってしまい間に合わずに上手く打てないというパターンになってしまうでしょう …

ハイボレーでアウトをしてしまう原因とは

相手のボールが浮いてきてあとは入れるだけだと思ったハイボレーで大きくアウトしてしまうことってありませんか? せっかくチャンスボールがくるようにラリーを組み立てても最後の最後でミスしてしまうと勿体ないですし精神的にもつらい …

ローボレーではラケットヘッドを下げてOK!軸の安定を最優先にしよう

ボレーは基本的にラケットヘッドを立てて浮かないように打ちますがローボレーでは無理に膝を深く曲げてヘッドを立てて打とうとする必要はありません。 確かに膝を深く曲げればヘッドを立てて打てるので低く良いボレーが打てるかもしれま …

バックボレーでも身体はなるべく前を向こう

バックハンドボレーでもフォアボレー同様に身体はなるべく前を向くようにしていきましょう。とはいえフォアほど正面ではなくて大丈夫です。斜め前を向く程度ですね。 バックハンドボレーでは多少横を向いても利き腕である方の肩が前の方 …

打点を前にしてボレーを打つには軸足の出し方を工夫しましょう!

ボレーで打点を前で取るときは軸足の使いかたを少し工夫しただけで簡単にできます。 どう工夫すれば良いのかと言うとポイントはつま先の向きです。このつま先の向き次第で身体の向きが前を向きやすくなり打点が前になることでしょう。 …

1 2 »

スポンサーリンク

カテゴリー

管理人:クロ



20歳のときからテニスコーチを経験し、ヘッドコーチの経験もあります。
このサイトで皆さんのテニス生活をサポートしていきたいと思っているのでよろしくお願いします!
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.